カードローン専門のJUSTでは、銀行のカードローンや消費者金融のカードローン、審査、選び方、申込手順など、カードローンの優良情報をお届けしています。


カードローンの選び方

かつて、すぐに気軽にお金を借りる手段といえば、消費者金融のキャッシングでしたが、最近ではそれに負けないくらいスピーディーで気軽な手段として、銀行のカードローンがあります。

メガバンクはもちろん、地方銀行やネット専業銀行でもカードローン商品を提供していますが、数がどれにしようか悩んでしまいます。 そこでまず、銀行のカードローンの選び方について紹介いたします。


限度額で選ぶ

銀行のカードローンを選ぶ際、まず考えるのが限度額、つまりどれだけ借りられるかです。 消費者金融のキャッシングと比べて、銀行のカードローンは限度額が多い傾向にあります。

この理由として挙げられるのが「総量規制」です。 総量規制とは、年収の3分の1以上のおお金を借りることができないルールで、年収600万円の方でしたら200万円しか借りることができません。 消費者金融のキャッシングが総量規制の対象となっている一方で、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっていないことから、おのずと借りられる金額も多くなるわけです。


金利で選ぶ

限度額と並んで、銀行のカードローン選びで重要なポイントといえば、金利です。 カードローンの広告を見てみると、「年利5%~18%」などと掲載されていることが多く、5%の方を下限金利、18%の方を上限金利といいます。 利用者によって適用される金利は異なり、それを左右しているのが限度額です。 限度額が少なければ適用金利は上限金利に近くなり、限度額が多ければ適用金利が下限金利に近くなる仕組みです。 消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンを比べてみると、下限金利は大差がありません。

一方の上限金利は、消費者金融のキャッシングが年18%程度なのに対して、銀行のカードローンは高くても年15%程度と、実に3%近い金利差があります。 銀行のカードローンの中でも、金利差が結構ありますが、初めて銀行のカードローンに申し込む人は、ほぼ上限金利に近い金利が適用されますので、できるだけ上限金利が低いカードローンを選ぶといいでしょう。


利便性で選ぶ

いくら低金利で限度額の多い銀行のカードローンであっても、利便性がよろしくないのではいけません。 消費者金融のキャッシングは、利便性を高めることで多少の金利差もものともしない人気を博しているわけですので、銀行のカードローンであっても利便性は決して無視できません。

「利便性」を具体的に挙げると、お金を借りたり返したりする手段が豊富か、ということがまず挙げられます。 カードローンであれば、その銀行のATMでお金を借りられるのは当然ですが、それ以外の銀行やコンビニエンスストアに設置されているATMからもお金を借りられたり返済できたりしておくと、なお利便性は高まります。 銀行口座を持っていれば、その口座を使ってお金を振り込んでもらえたり口座からお金を自動引き落とししてもらえたりも可能です。

以上が、銀行のカードローンを選ぶ際の主なポイントですが、他にも人によってはこだわりポイントがあることでしょう。 お気に入りの銀行のカードローンを見つけたらいよいよ申し込みですが、初めての申し込みですと勝手が分からず緊張するかもしれません。 そこで次に、銀行のカードローンの申し込み手順について紹介いたしましょう。


カードローンの申し込む

まずは申し込まないと始まりませんが、銀行のカードローンの申込方法には、インターネット以外にも郵送やファックス、電話に来店、自動契約機などの方法があります。 インターネットや郵送、ファックスに関しては、特に決められた申込時間はありませんので、自分の好きなタイミングで申し込みができます。 電話や来店、自動契約機は申込時間が決められていますので、申し込みの際にはよく確認をしておきましょう。

申し込みの際には、氏名や生年月日に年齢などの個人情報や、住所や電話番号に居住形態などのお住まいに関する情報、勤務先の名前や住所に業態などの勤務先に関する情報に、現在の借入総額や借入件数などの借入に関する情報などを入力(記入)していきます。


審査を受ける

申し込みが終わると審査に移りますが、申し込みのタイミングによって審査が始まるタイミングが異なります。 いくら24時間申し込みを受け付けているインターネットやファックスでも、すぐに審査をしてくれるわけではなく、銀行の営業時間終了後に申込をすると、翌営業日に審査が回される可能性が高いです。 郵送は書類が銀行に届き次第審査が始まりますので、他の申込方法よりもタイミングは遅いです。

審査では、信用情報機関に申込者の信用情報を照会したり、独自の審査を行なったりしていますが、ほぼ確実に行われるのが在籍確認です。 在籍確認は勤務先に実際に銀行のスタッフが電話をかけることによって、勤務実態を確認する方法です。 自動契約機や店頭などで申し込みをして自分が勤務先にいなくても、電話に出た勤務先の人が「○○(申込者)は本日お休みをいただいております」とでも言ってくれれば、それで在籍確認は終了ですので、必ずしも本人が電話に出る必要はありません。


カードローンの契約をする

審査が終わると、その結果がメールや電話で知らされます。 その結果融資可能と判断されたら、すぐに銀行のカードローンが利用できるわけではありません。 申し込みは申し込みであり、実際に利用するためには別途契約をしなければなりません。

契約方法も申し込み方法と同様に様々ですが、契約書に実際に記入して契約する以外にも、インターネット上で契約できるカードローンも最近では増えています。 必要書類もカードローンによって様々ですが、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類は確実に必要となりますので、契約の際には忘れないようにしましょう。

その他にも、限度額を多く希望して希望が通った方は、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書類が、返済を口座引き落としにする際には口座の届出印と通帳の番号が必要となります。 契約が完了すると、ローンカードがその場で渡されすぐにお金を借りられますが、ローンカードを郵送するカードローンもあり、その場合にはもう数日間待たなければなりません。